田中屋のこころ

手焼きで守る伝統の味

田中屋縁起

世は幕末の安政六年(1859)、初代田中増吉は大阪で煎餅づくりの修行をし、
みそ入大垣せんべいを考案、そして戸田公十万石の城下町大垣の脇本陣の一角に店を開きました。

当時の屋号は玉穂堂といい、現在でもその名残りとしてみそ入りせんべいの焼型には輪になった稲穂がデザインされています。

創業当時から初代増吉がこだわり続けたのが、駄菓子としての煎餅でない「みそ入りせんべい」です。玉子を使用しないので、堅く「つや」のあるお煎餅ができあがります。また、甘みのあるまろやかな特性の糀味噌を使用しておりますので口どけが良く独特の香りを醸し出します。

田中屋は初代からの伝統の技法を守ることで、つやのある、素朴な風味のみそ入大垣せんべいを受け継いでいます。

名物元祖・みそ入大垣せんべい

150年の時をへだてた今も、手焼きの心と技を守り続けます。

糀味噌を加味し、甘味硬度等適度に精製したる厚焼煎餅にして、風味絶佳万人の嗜好に適し土産品として恰好の品。

沿革

創業安政六年、爾来連綿斯業に従事し、常に品質の改良、新種の創製に没頭し来たりしに適々明治初年に至り厚焼きの方法を発見、厚焼煎餅と銘し、又之に味噌を加味し、味噌入厚焼煎餅と銘し発表せしに世の嗜好に適し頗る好評を博せり。是即ち所謂大垣煎餅の始めにして、以来今日に至る迄品質の向上を旨とし、益々販路を拡張し、明治三十九年畏くも時の皇太子殿下の御買上の光栄に浴し、其後屡々各宮家の御用命を蒙り各種博覧会等に於いて受賞すること数十回に及べり。

素材

ごまかしのきかないシンプルな原材料

田中屋秘伝の糀味噌に香ばしいゴマの味。
原料は、小麦粉、砂糖、味噌、ゴマ、水だけと
非常にシンプルです。

製法

つや
毎日が真剣勝負の艶付け

焼きはじめる前に、焼き型に菜種の白絞油を何層にも塗りながら乾燥させていきます。
そうすることで油膜(油のテフロン加工)をつくっていきます。
これを艶付(つやつけ)といいます。
何十年やっても気の抜けない職人が一番気を遣う作業です。
この艶付を行うと、一日中800枚から1000枚のお煎餅を焼いても途中一切油を使うことはありません。
この技術が田中屋独特の「つや」を生み出しているのです。

手焼き
手仕事だからこその美しさ

繊細な「つや」は優しく丁寧に扱わないと剥がれてしまいます。
型を音もなくそっと閉めたり、
一本一本微妙な力加減で開けていくのは機械では決してできません。